新着情報

2019/10/26寒い冬に向けて、部分断熱強化リフォームのご依頼をいただきました☆

寒い冬に向けて、部分断熱強化リフォームのご依頼をいただきました☆
寒い冬に向けて、部分断熱強化リフォームのご依頼をいただきました☆
寒い冬に向けて、部分断熱強化リフォームのご依頼をいただきました☆

今年も残すところあと2か月。また長く寒い冬がやってきます。

 

「本格的な冬を迎える前におばあちゃんの寝室の寒さを解消したい!」

というご相談をいただきました。

 

冬の寝室は、

①結露がすごい

②頭や顔は暖かいのに足元は寒い

③(部屋が寒いので)朝起きるのがつらい

などのお悩みを皆様もお持ちではないでしょうか!?

 

そこで我々がご提案したのは、おばあちゃんの部屋のみを暖かくする『部分断熱強化(改修)リフォーム』です☆

 

ご提案内容は、

①熱の出入りが一番大きい窓に内窓を取付ける

→窓が2重になることで熱の出入りを少なくし、結露を軽減させます。

 

床下の断熱材追加と隙間を埋める

どのお住まいも床下と外部がつながっているため、隙間があると、そこから冷たい風が入ってきてしまいます。

その隙間をしっかり埋めるだけでも断熱効果が上がります。

また、床断熱材をより熱の通しにくい材料を追加することで熱の出入りを軽減させます。

 

住みながら一部屋だけの断熱強化が可能な断熱パネルを壁、天井に取り付ける。

『ネオマ断熱ボード』を採用し、壁や天井を壊さずに住みながら断熱強化リフォームが可能です。

 

これにより熱の出入りを大幅に削減できるため、暖房の効きが良くなり省エネにも貢献します!

 

上記ご提案をし、この度工事のご依頼をいただきました♪

工事の様子や工事後の様子は順次更新していきます!

 

本格的な冬を迎える前に一部屋だけでも断熱強化して暖かい部屋で過ごしませんか?

 

お問合せはこちらから↓

 

フリーアクセス 0120-66-4699

※フリーアクセスは一部の地域の固定電話からの回線に限られます。つながらない場合は、

℡ 0258-66-4303まで

 

お問合せフォームからも受け付けしております。

http://www.daishogroup.co.jp/contact/

 

長岡市、見附市のリノベーションやリフォームなら「リノベ専科 住み継ぐ家」ホームページまで

 

↓詳細「リノベ専科 住み継ぐ家」HP

https://sumitsuguie.com/

 

過去の記事を見る

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。